「こどもの日」は「母に感謝する日」


こんにちは。佐藤力です。

今日、5月5日は「こどもの日」。

こどもの日と言えば、こいのぼりに鎧兜、五月人形、かしわ餅、菖蒲湯ですよね。

私の家の近くでは、毎年、クレーン車でこいのぼりを飾る家があります。
このダイナミックさと、優雅に泳ぐ姿は圧巻です!

こどもの日は「端午の節句」とも言われています。

この端午の節句とは、もともとは家の後継ぎとして生れた男の子が、健やかに成長していくことを祈り、一族の繁栄を願う重要な行事だったそうです。
それが1948年に、5月5日を「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日と定め(祝日法2条)、端午の節句をこどもの日と呼ぶようになったそうです。

今日は、子どもの健やかなる成長を願うとともに、お母さんにも感謝しましょう!


僕と一緒に「練馬の力」を伸ばしませんか?

練馬の力サポーターズクラブ